• 転職はやりたいことを決めて実行
  • 転職はやりたいことを決めて実行
  • 転職はやりたいことを決めて実行

image転職のきっかけとなった要因の重要性について考える

当然のことと思うかもしれませんが、現状に不満がない人は、特に仕事を替えようとは思いません。辞す理由がない限りは同じ職場に居続けた方が、技能も向上して将来の保証もできるしと良いこと尽くめだからです。職の変更は気が向いたから、ちょっと違うことをしてみたいからと気軽に行えることではなく、そしてそのような考えは通用しません。自分の求める仕事を見つけるのも難しいこの時代、危険をおかして転職しようと行動を起こすからには、何かもつれた事情を抱えているのだろうと、採用する人間は決め込みます。

image

その上で事情を聞き出そうとするわけです。原因であるものが本人の気持ち次第でいくらでも起きうる事情だった場合、採用しても同じように転職をされてしまう可能性が高いからです。

簡単に仕事を見限って職を移るような人を、会社は信用しません。なぜ転職しようと思ったのかと、そのきっかけを面接の場合には必ず問われることになります。

いつ水を向けられても困ることがないように、質問に対する回答をしっかりと用意をしておきましょう。相手に不信感を与えず、さらに納得させられるだけの説得力をエピソードにもたせられるかが勝負の大事なところです。

不活発な印象を与えないようにしたいという都合上、実情のままに転職を考えるに至った事情を伝えつつも、低いイメージとなる部分は削除していくことが重要なことには疑いの余地はありません。

たとえそれが真実であっても、労働や人間関係に嫌悪感があって転職を決意したとストレートに語るのではなく、どういった職場が自分にとって理想的なのかとポジティブなパーツに目を向けて、夢見る未来実現のため転職を考えたと展開していきましょう。

話で説得する力を持たせるために、きっかけとなった問題を完全に省くのもよくありませんが、詳細に語り過ぎると根が深いような問題だと面接官に不信の思いを与えてしまいます。客観的に内容の整理をおこなって、さらっと伝えることで終わった問題だと印象付けられるので、感情を交えすぎず事実のみを話していくようにします。